空間工房日記

夏の暑さ対策

日除けをつける

  今は、カーテンやブラインドを窓の内側につけることが多いですが、本当は,日除けは窓の外に付ける方が格段に効果的なんです。右はすだれを部屋の外と内に吊った時の温度の違いです。真ん中が外に吊った窓面29.3℃右が内側に吊った窓面36.5℃

 すだれなどを、内に付けるのと外につるすのとでは、室内温度は5~7℃違います。

 

 

 太陽からは、直射光と空全体からの輻射光(天空日射)で熱がやってきます。その他の、例えばお隣の屋根や壁からの輻射熱もやってきます。でも輻射熱は、ガラスを透過しません。

 つまり、直射光や輻射光を、窓の外で庇やルーバー・すだれなどの日除けでさえぎりさえすれば、室内に天からの熱は入ってこない仕掛けになります。もちろん外気温の伝導は、日除けでは防ぐことはできませんが、断熱材をしっかり入れておけば大丈夫。断熱効果は、冬の寒さ対策だけではないのです。

暑い空気を外に出す

 暑い空気は上昇します。立ち上がって熱だまりになった暑い空気をうまく室外に出す工夫が大切。これは、旧来の民家でも工夫されていたことです。

 もし部屋の天井が水平だったら、暖まった空気はその部屋の天井全体にまんべんなくただよい、その熱気のかたまりからの放射熱で体感温度は高くなります。まずは、天井に傾きをつけて、熱気が昇りやすくするといいですよ。そして斜めの天井を昇って行った熱気が、うまく外に出るような高窓や換気口などを付けることです。

 一方、天井が平らでも、天井裏の熱気を上手に出す工夫があれば、大変涼しくなります。今度天井を手で触ってみてください。その工夫のない場合、天井板自体が熱を保っているのが分かります。そうすると部屋の温度をクーラーでいくら下げても、頭上の天井板からの放射熱で、いっそう体感温度を高く感じてしまっています。

 こういう場合は、ぜひ換気棟をお勧めします。既存の木造住宅でも安価で簡単に設置できます。屋根の最頂部に切り込み穴を開けて、台風でも雨漏りしない専用の既製品部材を取り付けます。こうすると屋根裏の気温は、ほぼ外気温程度になりますので、過ごしやすくなりますよ。また、これは、冬場の屋根裏の結露防止にもたいへん効きます。イチオシです。

木陰を活かす

 当たり前かもしれませんが、木陰は涼しい。

 なぜ、木陰は涼しいのでしょうか。

 「外気温は一定ではない」というのがポイントです。数mのはなれでも、気温にムラができています。例えば、樹木の周りについて考えてみましょう。木の日当たりの部分で、空気は暖められて上昇します。昇っていった空気の代わりに、地表付近のそれより低い温度の空気が引き込まれます。地表は、日差しがさえぎられ水分を蒸発させていますので、低い温度の空気を提供してくれます。木立周辺にはそよ風が起きて涼しさを増します。もちろん体感温度では、日射や地表の照り返し、そよ風のあるなしが影響しますが、木陰では空気温度だけでも5℃程度は下がります。

 木立はただ日差しをさえぎってくれるだけでなく、何もなかった所に、上昇気流とそよ風を運んでくれるのです。木立は、微小気候を作り出す大切な仕組みということができます。

 敷地にゆとりがあれば、木立で家を覆いますと、木は天然のラジエーター。それができなくても、北側の木陰の冷気を室内に流入させる工夫は、お勧めですよ。