空間工房日記

樹脂サッシ

『樹脂サッシ』ってどんなサッシ?

『樹脂』は別名、塩化ビニール樹脂とも呼ばれており、私たちが日常的に使う物(フライパンの取っ手など)にもよく使用されている素材です。

『樹脂サッシ』とは、その樹脂をフレームとして利用している窓のことで、ドイツの化学会社が、寒さに強く省エネにつながることを目的として製造したのが始まりです。

どんな地域で使っているの?

北欧や北米などの寒冷地を中心に普及しています。

国内の新築戸建て住宅でも、北海道で90%、北東北3県(青森県・秋田県・岩手県)で、約50%が、採用しているほどです。しかし、本州にはあまり行き渡っていないのが現状で、日本全体の樹脂サッシ普及率を見てみると7%程度です。

一方、韓国の普及率は80%、アメリカやイギリス、フランス、ドイツでは60~69%と、半分以上の世帯に広まっています。

全体的に導入が進んでいる諸外国と比べると、日本はまだ樹脂サッシ後進国だということが分かります。

メリット・デメリットは?

メリット

断熱性が高い。

樹脂そのものが熱を伝えにくい材質であることが理由です(アルミに比べると熱伝導率が約1000分の1)。

最近ではペアガラスやトリプルガラスのサッシも多く、ガラスとガラスの間に生まれる中空層が、さらに熱の出入りを防ぐ仕組みになっています。

結露が生じにくい

カビ・ダニの発生を防ぐことにつながります。

防音効果がある

気密性が優れているので、断熱だけでなく遮音にも効果を発揮します。ペアガラスやトリプルガラスの採用により、さらに遮音性を高めます。

 

デメリット

重くなりがち

アルミサッシほどの強度がないため、厚みを出すことで強度を上げています。そのため重量が増えて窓の開閉時に重みを感じることがあります。しかし少しづつ解消されつつあります。

価格が高い

紫外線に弱い

しかし、環境やメンテナンスの状態により品質を維持できますので、そこまで重要なデメリットと考えなくてもよいでしょう。

 

耐候性能事例